アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

小糸製作所 (7276)

厳しい事業環境下でも1Qはトップラインを伸ばし高収益を維持

<LED化による成長ストーリーに変化なし、「2+」維持>
投資評価は「2+」を維持する。理由は(1)20/3期1Q(4-6月)決算では主要自動車市場が悪化の厳しい環境下でも自動車ヘッドランプLED化の進展により確りトップラインも伸ばし、豊富な受注見通しから成長費用が嵩む中で高収益率を維持したことが評価できる、(2)減益とはいえ、1Qは社内計画を上回り、足元の市場環境は厳しさを増しているが20/3期同社計画は達成を見込むこと、(3)主要市場で新型車向けが立上がる来期21/3期は増益への転換を予想、LED化をドライバーに成長と高収益持続が見込めるとの見方に変化がないこと、(4)株価下落で成長銘柄として株価指標面の割安感が増したこと、などによる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[08.30 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG