アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

豊田合成 (7282)

新型車効果減少による1Q減益は想定線、2Qは1Qから上向く見通し

 <1Q発進は計画線、指標面が割安、評価は「2+」を維持>
投資評価は「2+」を維持。理由は(1)20/3期1Q(4-6月)は2桁営業減益となったが同社計画線、(2)新型車効果剥落影響が1Qに集中しており、2Q(7-9月)業績は上向く見込みで前年の独禁法関連損失の反動があるとはいえ、20/3期は増益見込みに変化がない、(3)トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)グループ外を含め拡販が顕著な軽量化製品とセーフティシステム製品が中期的成長の牽引役として期待できる、(4)実績PBR0.72倍など指標面が割安、などによる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[08.29 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG