アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

プロトコーポレーション (4298)

広告関連、情報・サービスの増収、収益性改善により1Qは増益で順調に発進

 <業績は足元、見通しともに堅調、投資評価は「1」を維持>
投資評価は「1」を維持。理由は(1)20/3期1Q(4-6月)決算では中古車、整備、新車の各領域で取引先数を伸ばし、アップセルも相俟って自動車関連情報事業の中核、広告関連及び情報サービスの収益向上を図ったことが評価できる、(2)20/3期同社計画上振れ見込みに変化がない、(3)7月からの整備、新車領域での新サービス提供開始により一段の収益力向上が見込めること、などによる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[08.28 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG