アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

ピジョン (7956)

インバウンド伸び悩みや円高が足元で懸念される

 <TIW予想を下方に見直し投資評価を引き下げる>
TIWでは6月10日の19/12期1Q(2-4月)決算発表後のレポート(6月17日付)では、1Q実績が同社社内想定に対し若干の遅れがあったものの、通期では挽回可能とみて投資評価は「1」を維持した。しかし、その後、6月末の中国のネット通販事業者への規制強化発表により国内インバウンドの伸び悩みが長期化する可能性が出てきたこと、対米ドル、対人民元で円高が進んだことなどを踏まえると19/12期同社計画下振れの可能性が出てきており、今般、TIW通期予想を下方に見直し、投資評価を引き下げた。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[07.31 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG