アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

三菱自動車 (7211)

主要市場の販売は堅調も北米在庫調整、為替影響などから1Qは大幅減益

 <大幅減益も同社想定線で推移、評価は「中立」を維持>
24日、20/3期1Q(4-6月)決算を発表。大幅営業減益での発進となりネガティブな印象。ただし、業績悪化の主因は北米での在庫調整(同社の北米販売は現地生産でなく、日本からの輸出になるため、早期に供給を図る中で市場が悪化したことによる)であり、同日の電話会議での同社説明では1Qの悪化は予想の範囲内とのことである。更には、アセアンを中心に日本、欧州でのPHEV販売など同社主力地域や製品の販売は堅調に推移していること、TIW20/3期予想PER11.6倍や実績PBR0.88倍など株価指標面も割安などから投資評価は「中立」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[07.25 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG