アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

大研医器 (7775)

20/3期はTIWではやや保守的に若干の減益継続を予想

 <19/3期は手術室用吸引器の単価下落加速が響いた>
19/3期は売上84億円(前期比2%減)、営業利益12億円(同17%減)。売上も減少に転じたのは手術室用吸引器フィットフィックスで18年夏頃から他社の攻勢が激化し、単価下落の加速から吸引器全体でも減収に転じたことが要因。キューインポットは依然競争力もあり増収を確保できているものの、フィットフィックスの減収を吸収できなかった。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[06.10 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG