アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

豊田通商 (8015)

自動車分野中心に取扱いが増加し増益基調が続く

 <業績見通しは堅調、指標面割安から「2+」を維持>
投資評価は「2+」維持。理由は(1)2月1日発表の19/3期3Q累計(4-12月)決算では3Q累計、3Q(10-12月)ともに営業段階増益となり、足下の業績堅調が確認できた、(2)3Q累計の純利益は微減益となったが、営業段階以下での一過性要因を除く実力値では1,200億円強の利益を確保しており懸念は不要と考える、(3)良好な計画遂行(通期営業利益計画の78%を3Q累計で遂行)から19/3期着地は計画上振れが見込める、(4)20/3期以降も鈍化はしても堅調な業績展開が見込まれるとの見方に変化はない、(5)19/3期TIW予想PER8.9倍など株価指標面に割安感がある、などによる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[03.01 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG