アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

いすゞ自動車 (7202)

販売面好調から好業績が続く、通期営業過去最高益が視野に入る

 <業績は堅調、株価は評価不足と考え評価を引き上げる>
8日公表の19/3期3Q累計(4-12月)決算では、(1)3Q累計でも3Q(10-12月)のみでも合理化効果で為替変動や経済変動(原材料価格変動など)による減益影響をほぼ吸収し、増販効果を確り享受し好業績を残したこと、(2)主要タイLCV(ピックアップトラック及び派生車)市場でモデルが末期も迎える中でも質の高い販売継続により3Qにシェアを伸ばしたこと、(3)保有ビジネス拡大による収益力向上が好業績に着実に貢献していること、などが確認できたことが評価できる。更には、営業過去最高益を見込む通期計画は上振れが見込め、鈍化を想定も20/3期も増益が見込めることなどを踏まえると、19/3期TIW予想PER11.1倍など株価指標面は割安と見る。投資評価を「1」へ引き上げる。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[02.19 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG