アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

小糸製作所 (7276)

3Qのみで営業段階増益に転じる、通期計画は売上高を上方修正、単体が好調

<LED化進展による成長見通しに変化なし,「2+」を維持>
25日、19/3期3Q累計(4-12月)決算を発表。3Q累計決算では、3Q累計は減益とはいえ、3Q(10-12月)のみでは上海小糸の影響がなくなり(上海小糸は17年9月末より持分法適用会社とし、18年3月末に連結対象から除外)営業段階増益に転じたこと、19/3期通期計画を売上高のみとはいえ、単体好調により上方修正したことなどがポジティブ。通期計画には更に上振れ余地があることに加え、日本、北米、アジアといった主要市場で四輪車を中心に二輪車も含め、車載ランプLED化進展により売上を着実に伸ばしており、好採算のLEDランプ比重増による成長見通しに変化はない。更には、19/3期TIW予想PER13.7倍など株価指標面も成長銘柄としては割安から投資評価は「2+」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[01.28 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG