アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

パーク24 (4666)

国内駐車場事業堅調とモビリティ事業伸長により3Q累計は2桁営業増益

 <堅調な株価にはなお上昇余地あり、評価は「2+」を維持>
18/10期3Q累計(11-7月)決算では(1)利用者の利便性向上努力などにより中核の国内駐車場事業が堅調に推移した、(2)規模拡大と平日稼働向上による台当たり収益改善が相俟ってのカーシェアリングサービスの収益拡大によりモビリティ事業が大幅増益となり2桁営業増益を牽引したこと、などがポジティブに評価できる。4Q(8-10月)は自然災害(台風21号や北海道地震)やガソリン高の影響などにより失速する可能性がある。しかし、成長事業(カーシェアリングを中心としたモビティ事業)が確り育っており、将来成長への期待に変化はないため、一段の高バリュエ―ションが許容可能と考える。このため、堅調な株価にはなお上昇余地があると見る。投資評価は「2+」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.14 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG