アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

トピー工業 (7231)

建機や鉱山車両向け好調が持続、上期は計画超過達成が見込まれる

 <業績は堅調、指標面が割安、投資評価は「2+」を維持>
(1)19/3期1Q(4-6月)着地は建機用足回り部品好調などにより非公表の同社想定を上回ったもようである。(2)上期(4-9月)着地は計画上振れが見込める。(3)副資材価格(黒鉛電極等)が依然強含みな点が懸念されるが、1Qの好発進、建機用足回り部品や鉱山用超大型ホイールの想定以上の好調推移などから2桁営業増益を見込む通期計画達成は視野に入ったと見る。(4)原材料価格上昇に対し価格転嫁が後追いする中での通期2桁増益見込みは評価できる。などを踏まえると実績PBR0.64倍の株価には割安感が強い。投資評価は「2+」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.06 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG