アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

東洋ゴム工業 (5105)

計画下方修正も主力のタイヤ事業は堅調

<下期増益見込み、指標面割安などから評価「2+」を維持>
18/12期上期(1-6月)決算で通期計画を下方修正したこと、免振ゴム対策で上期にかなり大きな特別損失を計上し、今後もなお対策の影響が残ることなどにネガティブな印象はある。とはいえ、主力のタイヤ事業は北米での大口径タイヤ販売好調や構成改善により増益基調で堅調である、このため利益率は高水準(上期の営業利益率は11.2%)を維持していること、下方修正とはいえ下期(7-12月)は原材料高影響や事業譲渡の影響を吸収し営業段階増益を見込んだことが評価できる、などに加え、18/12期TIW予想PER10.4倍など指標面も割安から投資評価は「2+」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.06 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG