アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

トヨタ自動車 (7203)

上期は北米事業環境が厳しい中で前年並みの利益を確保、通期計画を上方修正

 <業績は堅調、指標面に割安感強く評価「2+」を継続>
7日、18/3期上期(4-9月)決算を発表。上期は主要北米の事業環境が厳しい中で前年同期並みの営業利益を確保したこと、欧州で販売を伸ばしたこと、品質コストが低下し金融事業の収益が改善したこと、などがポジティブに評価できよう。さらには通期計画を上方修正したがなお上振れ余地があること、計画は為替影響を除く実質で上方修正となったこと、新型「カムリ」への順調な移行などによる北米収益の改善や東南アジアでの販売回復などにより来期に向けて堅調な業績が見込めること、などを踏まえると株価指標面にも割安感が強いため投資資評価は「2+」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[11.09 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG